スバルインプレッサのスペックは?気になる乗り心地を調査

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

皆さん、どうもこんにちは!閲覧ありがとうございます。インプレッサ、とうとう新型が発売されましたね!

皆さん乗ってみましたー?おや、乗ってないですか?スペックどんな感じが見てみました?ありゃ、まだ見てない?

試乗はしてみたいんだけれど、買うつもりないのに気になるだけで言ったら迷惑かかっちゃうし、運転技術に自信が無いわ、という方から、試乗したいし、どういうのかは気になっているんだ。車買い換えようかなとも思ってはいるんだ。ただ、時間がないんだ…!という方までいますよね。

実際、新型インプレッサはどんなスペックなのでしょうか。また、乗り心地はどういった感じなのでしょうか。

その疑問、私にお任せください。まるっと全て解決してみせましょう。では、早速まとめていこうと思います。

 

スポンサードリンク

インプレッサの気になるスペックとは?

引用:スバル公式HP

スペックと言えばまず見るところはグレードですよね。上ではご紹介していませんでしたが、新型のインプレッサは2種類発売されています。ご存知ですか?そう、インプレッサスポーツインプレッサG4です。

今回は万人受けするインプレッサG4のスペックをご紹介しますね。

ツヨシ(友人)
…っていうと思いました?うそぴょ~ん。どっちもご紹介していきまーす!

あぁ、そうでした。今回は暇人の友人も来てるんですよ。ていうか、このノリちょっとウザいですね(笑)まぁ、こんな奴ですが皆様、ツヨシのことは無視して各インプレッサのスペックとグレードに見ていきましょう。

ツヨシ(友人)
えっ、ちょっ、ひどな~い?

インプレッサのグレード【インプレッサスポーツ編】

imprezasport 1.6i-L EyeSight

エンジン 1.6L DOHC
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク[ネット] 148N・m(15.1kgf・m)/3600rpm
燃費◆ JC08モード 2WD車:18.2km/L
AWD車:17.0km/L

引用:スバル公式HP

こちらはインプレッサの中でも一番低くスタンダードなグレードになります。

⑴主な標準装備

引用:スバル公式HP

  • アイドリングストップ
  • フロントフォグランプ
  • ウェルカムライティング
  • パドルシフト
  • マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター
  • フルオートエアコン
  • シャークフィンアンテナ
  • USB電源
  • UV&IR(赤外線)カット機能付フロントガラス
  • 濃色ガラス
  • SRSサイドエアバック+SRSカーテンエアバック
  • VDC(ビーグルダイナミクスコントロール)
  • エマージェンジ―ストップシグナル

 

⑵メーカー装備オプション

引用:スバル公式HP

  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • LEDハイ&ロービーム+ステアリング連動ヘッドランプ
  • 運転席&助手席&ウェイパワーシート
リン(妻)
一番低いグレードでこんなにあるの!?新設設計にも程があるわ!グレード上がっちゃうとどうなるのかしら!?
ツヨシ(友人)
空も自由に飛べたりして!!
リン(妻)
現実ってご存知でしょうか。

リンちゃん、中々塩対応ですね。いきなり事務的な対応になってしまいました。それはさておき、確かにリンちゃんの言う通り、一番低いグレードでこれだけ機能が充実しているのはすごいですね。私であればもうこれでいいやって感じになってしまいそうですが、取り敢えず他のグレードも見ていきましょう。

imprezasport 2.0i-L EyeSight

エンジン 2.0L DOHC 直噴
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク[ネット] 196N・m(20.0kgf・m)/4000rpm
燃費◆ JC08モード 2WD車:17.0km/L
AWD車:16.8km/L

引用:スバル公式HP

こちらは1.6i-Lより、上級装備にグレードアップしたものとなります。

⑴主な標準装備

引用:スバル公式HP

  • SI-DRIVE(2モード)
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • ピアノブラック調加飾付本革巻シフトレバー
  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 6スピーカー
  • インパネアッパートリム(シルバーステッチ)
  • 表皮巻センタートレイ加飾(シルバーステッチ)
  • UV&IR(赤外線)カット機能付遮音フロントガラス

 

⑵メーカー装備オプション

引用:スバル公式HP

  • LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
  • 運転席&助手席&ウェイパワーシート
ツヨシ(友人)
あら、こっちもなかなかすごいわよ!ほら見て見てリンちゃん。すごいと思わな~い?
新一
ツヨシ、酒でも入ってるの?
ツヨシ(友人)
いんや、シラフだよ。リンちゃんの真似。
リン(妻)
塩、持ってくるわね?

ツヨシ、強制退場の予感です。部屋が散らかりそうな予感もします。ルンバに頑張ってもらわないといけないでしょうが、吸ってもらえる気がしません。これは私が後から拭き掃除をしないといけないんでしょうね…。

さて、気晴らしに最高グレードを見ましょう。

imprezasport 2.0i-S EyeSight

エンジン 2.0L DOHC 直噴
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク[ネット] 196N・m(20.0kgf・m)/4000rpm
燃費◆ JC08モード 2WD車:16.0km/L
AWD車:15.8km/L

引用:スバル公式HP

はい、とうとうやってきました。最上級グレードです。

⑴主な標準装備

引用:スバル公式HP

  • フロント16インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ
  • クリアビューパック
  • アルミパッド付スポーツペダル
  • 光輝ウィンドゥモール

⑵メーカー装着オプション

引用:スバル公式HP

ご覧ください。もうこれでもかと言わんばかりの最強装備でございます。まるで、ゲームで最上級の装備に限界まで強化しまくった敵をワンパンしちゃうような無敵の装備のようですね。見た目も高級感やカッコよさばっちりで、思わずうっとりしちゃいますね。

実際うっとりするのか、後ろで雪合戦のように塩を投げまくっているリンちゃんに見てもらいましょう。

新一
まあまあリンちゃん、落ち着いて。ちょっとこれ見てよ。
リン(妻)
ん?今忙s…わぁお、なあにこれーーー!?超々贅沢嗜好品じゃなーーい!?

誰でもうっとりしますね、これは。私もうっとりです。もうこんな男のロマンをがっつり掴むようなカッコイイ車、12時間くらい見てても飽きないほどです。

インプレッサのグレード【インプレッサG4編】

さて、今度はインプレッサG4のスペックをグレード順で見ていきましょう。シートの材質はインプレッサスポーツと変化なかったので割愛いたしますね。

imprezaG4 1.6i-L EyeSight

エンジン 1.6L DOHC
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク[ネット] 148N・m(15.1kgf・m)/3600rpm
燃費◆ JC08モード 2WD車:18.2km/L
AWD車:17.0km/L

引用:スバル公式HP

こちらは先程ご紹介したインプレッサスポーツと違い、セダン型のインプレッサになります。

⑴主な標準装備

引用:スバル公式HP

  • アイドリングストップ
  • フロントフォグランプ
  • ウェルカムライティング
  • パドルシフト
  • マルチインフォメーションディスプレイ付メーター
  • フルオートエアコン
  • シャークフィンアンテナ
  • USB電源
  • UV&IR(赤外線)カット機能付フロントガラス
  • 濃色ガラス
  • SRSサイドエアバック+SRSカーテンエアバック
  • VDC(ビーグルダイナミクスロール)
  • エマージェンシーストップシグナル

 

⑵メーカー装着オプション

引用:スバル公式HP

  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
  • 運転席&助手席&ウェイパワーシート

 

リン(妻)
標準装備やメーカー装着オプションはインプレッサスポーツと大差ない気がするわ

確かに燃費などのステータスは少し違いはありますが、装備についてはさほど変化はないようです。ということは、G4の方も一番低いグレードでもみんな嬉しい豪華な標準装備が付いてくるということになりますね。

imprezaG4 2.0i-L EyeSight

エンジン 2.0L DOHC 直噴
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク[ネット] 196N・m(20.0kgf・m)/4000rpm
燃費◆ JC08モード 2WD車:17.0km/L
AWD車:16.8km/L

引用:スバル公式HP

さあ、一番低いグレードよりもさらに充実した機能を兼ね備えた上級のグレードです。

⑴主な標準装備

引用:スバル公式HP

  • SI‐DRIVE(2モード)
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • ピアノブラック調加飾付本革巻シフトレバー
  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 6スピーカー
  • インパネアッパートリム(シルバーステッチ)
  • 表皮巻センタートレイ加飾(シルバーステッチ)
  • UV&IR(赤外線)カット機能付遮音フロントガラス
  • マフラーカッター

⑵メーカー装着オプション

引用:スバル公式HP

  • LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
  • 運転席&助手席&ウェイパワーシート

インプレッサスポーツに比べ、標準装備が一つ増えましたね。そして先程はいざこざでご紹介できませんでしたが、インプレッサスポーツもインプレッサG4もどちらもグレードを1ランクアップさせるとキーレスアクセス&プッシュスタートが標準装備になりますね。

ちなみにツヨシですが、リンちゃんが投げまくった大量の塩の回収作業をしているのでしばらくは大人しくなるでしょう。リンちゃんもご機嫌が直ったみたいですし、ちょっとホッとしてます。では最後は一番高いグレードを見てみましょう。

imprezaG4 2.0i-SEyeSight

さあ、再びやってまいりました、無敵装備の車のお出ましです。早速スペックを見ていきましょう。

エンジン 2.0L DOHC 直噴
駆動方式 2WD/AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション リニアトロニック
最高出力[ネット] 113kW(154PS)/6000rpm
最大トルク[ネット] 196N・m(20.0kgf・m)/4000rpm
燃費◆ JC08モード 2WD車:16.0km/L
AWD車:15.8km/L

引用 スバル公式HP

⑴主な標準装備

引用:スバル公式HP

  • フロント16インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ
  • クリアビューパック
  • アルミパッド付スポーツペダル
  • 光輝ウィンドゥモール

 

⑵メーカー装着オプション

引用 スバル公式HP

機能性はほぼ変わらないとはいえこの高級感とカッコよさ、さすがと言えますね。本当に男のロマンというものをわかっていらっしゃる。こんなの見ちゃうと喉から手が出るほど欲しくなっちゃいますね。

ですが、どちらにしてもそう言えますが、購入をするとしたらグレードといい機能といい上級グレードの2.0i-Lで充分困ることはないのではないかと思います。

インプレッサ【スバルのこだわり】とは?

スバルグローバルプラットフォームとは?
乗る人すべてが楽しめるように。という言葉をモットーに乗り心地や走りの質感に対して徹底的に研究して完成させた技術の結晶。ステアリング操作に対して、車が迅速かつ正確に反応して走ってくれるため、修正舵が少なくなり、振動や揺れを最小限に抑えることで走りの質感の高さと快適な乗り心地を実現しています。

このスバルグローバルプラットフォームのおかげでインプレッサはこれまでずっと乗り心地が最高と言われてきたということがわかりますね。ですがそんな専門用語を並べられて解説されたところで「ふーん、とにかく良いってことなんだね」くらいしかわからないと思います。

例えるなら、気遣い上手さんと食事に行ったとき、率先して皿に料理をよそってくれたり、鍋なんかが出てきたらテキパキと鍋の具材入れて鍋を作ってくれる人がいるじゃないですか?それが修正舵
そして、そんな食事処で料理をよそってくれる人を若者言葉で女子力というじゃないですか?それがスバルグローバルプラットフォームという感じです。

さて、ここまでの内容で機能性が充分わかりました。インプレッサのカラーも知りたいという方はこちらも併せて是非ご覧ください。

インプレッサスポーツの綺麗なカラー!その綺麗な色の番号を調査!!

2018.10.16

インプレッサの乗り心地、良いの?悪いの?

さて、充分過ぎるほどスペックや性能について見ていきましたので今度は気になる乗り心地について見ていきましょう。

皆さんはインプレッサの乗り心地、どんな感じだと予想しますか?

機能性から見て口コミは「乗り心地最高」だとか「とにかく静かでいい」、「ストレスなく走ることが出来る」と言ったようなものが広がっていますが、大体全部走ってるときの乗り心地だけが記載されていますよね。

ここでは、走ってる時の乗り心地だけでなく、座り心地、シートの硬さまで徹底的に乗り心地をチェックしていきます。

インプレッサスポーツの乗り心地評価

Goodな点
  • 足回りは程よい硬さで車に合っている。
  • 乗り心地は悪くない。少なくともコンパクトカーよりは快適に乗れる。
  • 後部座席の乗り心地は快適。1.6i-Lが、タイヤの関係か、乗り心地がしっとりとしている。
  • 足回りもしっかりしつつ、しなやかで地面をとらえている感じ

参考:価格.com

Badな点
  • シートが硬く、座り心地もあまり良くない。
  • 前の席は外国人に対応しているためか、体がホールドされきれない。
  • 乗り心地はとてもよくなっているが車高が低いので乗り降りがしにくい。

参考:価格.com

リン(妻)
走った時の乗り心地は好評だけれど、座り心地に不満を覚えている人も多いみたいね。
新一
確かにそんな感じが伺えるね。じゃあ、G4のほうはどうなんだろう?
リン(妻)
ちょっと見てみましょうか。

インプレッサG4の乗り心地評価 

Goodな点
  • 路面からの振動をいなしており、音もなく車に酔いやすい人にもおすすめ
  • シートの座り心地は快適。
  • 乗り心地はやや硬めだが、不快な感じはない。
  • 荒れた路面では少しゴツゴツ感はあるものの、フワフワ感よりはマシ。

参考:みんカラ

Badな点
  • シートの作りがいまひとつで、長時間の運転は腰が疲れる。
  • 運転中にシートの沈み込みが浅く、生地のせいか滑りやすい。
  • タイヤの問題かもしれないが、静寂性は思った以上に優れていない。

参考:みんカラ

新一
あらら、こっちも走った時の乗り心地は評価良いみたいだけど、座り心地やシートの質はあまり良いとは言えないのかな?でも、それでもこれだけ評価が高いってことは、座り心地を超える安全性や、走っている時の乗り心地が最高に良いってことなんだろうね!

また、シートが固い、滑りやすいという口コミが記載されておりますが、シートについて座り心地を少しでも改善したいとお困りの方はシートカバーなんていかがでしょうか。

リン(妻)
まあ、シートカバー可愛い!この椅子の座り心地も悪いんだけれど、シートカバーでどうにかなるかしら?
新一
ん?イス?…Oh…

なんと今まで消息が途絶えていたツヨシ君、塩を回収している途中でリンちゃんの椅子になっているではありませんか。

新一
こらこら、リンちゃん。さすがに酷いよ。見てごらん。ツヨシ、可哀想だよ。
ツヨシ(友人)
うん。気づいてくれてありがとう。でもなんか、なんだろう?なんか、ハツラツとしてくるというか、何かに目覚めそう。
新一
うん、目覚めないでいいよ。寝てようか。

ツヨシがドM覚醒する寸前かもしれません。

ツヨシのことはさておき、実際に試乗してまとめてみた記事がありますので、総合的なインプレッサの評価が気になる方はこちらも併せてご覧ください。

スバル・新型インプレッサの試乗評価を口コミと一緒に記す!

2018.11.02

 

スポンサードリンク

インプレッサスペックcとは何?

ツヨシ(友人)
さて問題です。インプレッサのスペックってなーんだ!?
リン(妻)
えっ、いきなり過ぎる。えっと、乗り心地?
新一
そうだなぁ、インプレッサのスペックといえば、アイサイトじゃない?
友人
ぶっぶ~!!ざぁんねぇ~ん。正解は~、インプレッサスペックcでした~!

なるほど、そう来ましたか。一本取られてしまいましたね。

リン(妻)
でもなんでいきなりそれを持ち出したの?
友人
せっかくインプレッサのスペックについて書いてるんだったらこっちの面も書いておいても面白いと思うんだよねー。

というわけで、皆さん、申し訳ありませんが、インプレッサ大好物な人間(ツヨシ)の雑談に少々お付き合いください。

インプレッサの派生、impreza WRX Sti specC

インプレッサスペックcとは正式に言うとimpreza Sti WRX specC のことを指します。ちなみにスペックcのcとはコンペティションいう意味です。

コンペティションとは
競争、競技の意味。自動車では、公道走行が不可なレース専用車両という意味。インプレッサスペックcはいわゆる公道でも走ることができるスポーツカー仕様の車ということです。

ツヨシのようなインプレッサ及びスバルを愛している方なら当然ご存知かと思いますがインプレッサSti WRX specCは2007年6月に販売開始、2014年8月に販売を完了しています。いわゆるスポーツカー向けの車で調べたところ、およそ900台~1,000台限定のようです。激レアですね。

ツヨシ(友人)
それだけじゃないぞ!この車はAWD方式で、走行性能は抜群に良いし、エンジン音も最高に良いし、一部の人からはかなり愛されているんだ!

ツヨシの熱弁が止まらないので今のうちにインプレッサWRX Sti specCの性能を見ていきましょう。

インプレッサWRX Sti specCのスペック

 

基本仕様

ボディタイプ
セダン
年式
2013年
総排気量
2000cc
燃料
ガソリン
ミッション
6速マニュアル
駆動
4WD
ボディカラー
クリスタルブラックシリカ
ハンドル
右ハンドル
乗車定員
ドア
4D

引用:goo自動車&バイク

さすがスポーツカーというだけあって、ギアがすごいですね。ちなみにここには記載されていませんが、気になる燃費は10.4km/Lとなっており、レガシィのおおよその平均燃費と同じくらいの燃費となっております。スポーツカーで、しかも当時の時代ではこの燃費はなかなかいい部類に入っています。

ですが、口コミの方はどうなのでしょうか。気になりますね。

リン(妻)
えっ、口コミなんてあるの?

ちょっと年式も古いですし、限定というのもあってなかなか大変でしたけどいくつか見つけましたのでご紹介いたします。

インプレッサWRX Sti specCの評価

総合評価
  • 圧倒的に速い。乗用車なので乗るには問題ないが完全に趣味の車だと思う。
  • 少し緊張感が伴うので、完全に乗りこなすには腕が必要。
  • 圧倒的な高性能を自分の腕で巧みに操る楽しさがある
  • 乗り心地や室内に入る騒音に関しては何とか乗れるレベル。
  • 週末レーサーと言った乗り方をする人にはおススメのモデル。
  • 価格以上の走行性能を持っている車なのでまずは買って乗ってみて変えたい部分を変えるという楽しみ方もできる車。
  • とにかく家族受けは悪い。
  • うるさい事を気にしなければ街乗りでも不満無し。

参考:goo口コミ

リン(妻)
意外と好評なのね。
ツヨシ(友人)
スバルの車が好きでなおかつスポーツカーが好きな人向けなんだよー。この車はエンジン音もだけど、走り心地といい、乗りこなすための運転技術が必要だから人気っていうのもあるんだ。
リン(妻)
なるほどね、でも、もう生産されていないんでしょ?中古で売ってても高いんじゃないの?

そうですね。走行距離や販売店にもよりますが、本体価格が中古でおおよそ200万~290万と言った、新型インプレッサの最高級グレード1台分買っても余るくらいの価格になります。カスタムパーツ装備されているものや人気カラーなどによっても価格が変動するみたいです。

 

インプレッサスペック最近の新型WRX Stiとは

さて、かなり話は脱線しておりますが、ツヨシが強く推すので最近のWRX Stiのスペックについても少しまとめていきたいと思います。

STI

エンジン 2.0ℓ DOHC

ツインスクロールターボ
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション 6MT
最高出力[ネット] 227kW(308PS)/6400rpm
最大トルク[ネット] 422N・m(43.0kgf・m)/4400rpm
燃費JC08モード 9.4km/ℓ

 

STI TypeS

エンジン 2.0ℓ DOHC

ツインスクロールターボ
駆動方式 AWD(常時全輪駆動)
トランスミッション 6MT
最高出力[ネット] 227kW(308PS)/6400rpm
最大トルク[ネット] 422N・m(43.0kgf・m)/4400rpm
燃費JC08モード 9.4km/ℓ

引用:スバル公式HP

WRX Stiにはグレードが2種類あり、上が標準グレードのSTI下が最高グレードのSTI TypeSのスペックです。一見違いがないように感じますが、STIのホイールは18インチSTI TypeSは19インチになっています。他はシートのグレードが違うなどの違いがあるようです。

インプレッサでは走行性能が物足りない、走り心地やスピードを楽しみたいという方には是非WRX Stiをおススメします。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • インプレッサのスペックは一番低いグレードでもかなり充実している
  • インプレッサの走っている時の乗り心地はかなり良い。
  • その乗り心地の良さの秘訣はスバルが独自に開発したスバルグローバルプラットフォームにあった。
  • 座り心地としては前の席はシートの質か形状かは知らないが、少し硬く、滑りやすい。
  • でもそれを補うほどの乗り心地の良さと安全性能を兼ね備えている。
  • 走行性能に満足できない人はインプレッサの派生のWRX Stiがおススメ。

いかがでしたか。シートの質感って大事ですよね。どれだけ乗り心地が良くてもシートが固いと長時間乗っていて疲れてしまいます。

ですが、シートが悪いくらいなら、乗り心地が悪いよりもどうにかできるのでそれを考えると楽ですね。それに、人によってはシートが硬めの方がお好きな方にはいいと思います。

また、ここには記載していませんがインプレッサのデメリットにはシートの質の悪さ燃費の悪さなどがありますが、それでもこんなに評価が高いということは安全性はもちろんのこと、乗り心地は最高だと言えるでしょう。

皆さんも是非、一度スバルのイベントなどで試乗されてみてはいかがでしょうか。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です