スバルインプレッサのタイヤサイズやホイールサイズを調査!!

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

2018年11月2日に改良モデルが発売されたスバルのインプレッサ。そんなわけで今非常に注目の集まっているインプレッサですが、皆さんはどんなところに注目していますか?

外観や内装、搭載されている装備や安全機能など、挙げれば切りが無いように思います。

今回はその中の1つ、タイヤサイズとホイールサイズといったインプレッサのサイズ関係を徹底調査したので、たっぷりご紹介していきたいと思います!!

 

スポンサードリンク

インプレッサスポーツのタイヤサイズ

さて、早速インプレッサのタイヤサイズについてみていこうと思うわけですが、その前に、一口にインプレッサと言ってもインプレッサには2種類のタイプがあることを皆さんはご存じでしょうか?

リン(妻)
はい!私知ってるわ!たしか、「インプレッサスポーツ」と「インプレッサG4」の2種類よね。
新一
その通りだね。ボディタイプが違うってことはタイヤサイズにも違いが出てくるのかな。その辺が詳しく知りたいな。

実はインプレッサスポーツとインプレッサG4ではタイヤサイズの違いはありません!同じなので両者を比較してみたり、紛らわしいことをしなくていいって訳です。

それではインプレッサスポーツのタイヤサイズを見ていきましょう。

引用:スバル公式ホームページ

インプレッサスポーツの3つのグレードすべてでタイヤサイズが違っていますね。では具体的にどう違っているのかを、タイヤサイズの表記の見方と一緒に詳しく見ていきます。

リン(妻)
タイヤサイズの表記って暗号みたいで読むのが難しそうって言うイメージがあるわ。

それでは、今回はグレード「1.6i-L EyeSight」のタイヤサイズを例にとってその暗号を解読していきましょう。まずはタイヤサイズ「205/55R16」を分解して、それぞれが何を表しているのかを見ていきます。

  • 205 → タイヤの幅
  • 55   → 偏平率
  • R  → ラジアルタイヤ
  • 16   → リム径 

分解すると少しわかりやすくなりましたね。

リン(妻)
偏平率?、ラジアルタイヤ?リム径?またわからない言葉が出てきたわ。
新一
それじゃあわからない言葉を一つ一つ詳しく見ていきながら車の性能にどう関わってくるのかを見ていこう。

リム径

リム径

引用:ダンロップタイヤ公式サイト

まずはリム径についてみていきましょう。リムというのはホイールの一部で、リム径は簡単に言うと、タイヤの銀色のホイールの部分の直径になります。

リン(妻)
リムの直径でリム径ってそのまんまね。大きさによって何が変わるのかな。

リム径を大きくすることをインチアップと言って、走行に様々な影響を与えるのですが、それについては次の偏平率の説明で詳しく見ていきます。

偏平率

次は、タイヤの偏平率です。偏平率とは、すっごく簡単に言うとタイヤがどれだけペチャンコになっているかを表す物です。その数字が小さくなればなるほどタイヤはペチャンコ(偏平化)になっていきます。

標準サイズから2インチアップまでのリムサイズとタイヤ幅の変化

引用:日本グッドイヤータイヤ公式サイト

上の画像の左側のタイヤが偏平率が大きい物、右側が小さい物になります。偏平率を変えることによってタイヤの見た目にも影響が出てきます。

リン(妻)
偏平率の大きいタイヤは太ってるみたいね。逆に偏平率の小さいタイヤはスマートでかっこいいわ。
新一
タイヤの外形は変えずに、リム径を大きくして偏平率を小さくすることをインチアップと言って、メリットやデメリットがあるみたいだよ。

下にインチアップのメリットデメリットを簡単にまとめてみました。

メリット

  • グリップ性能がよくなる。←地面との摩擦力UPで滑りにくくなる!
  • カーブが曲がりやすくなる。
  • 運転手の操作がタイヤに伝わりやすくなる。
  • 見た目がかっこよくなる。

デメリット

  • 乗り心地が悪くなる。←ペチャンコになるとクッション性が無くなるため
  • 燃費が悪くなる。
  • 走行音が大きくなる。

ラジアルタイヤ

タイヤサイズの表記に書かれているRの文字はそのタイヤがラジアルタイヤであることを示しています。ではいったいラジアルタイヤとは何なのでしょうか。

ラジアルタイヤの正体はズバリ、タイヤの構造にあります。タイヤの構造にはラジアル構造とバイアス構造という2つのタイプの物があって、それぞれに特徴があります。

リン(妻)
タイヤの構造?なんか難しそうね。結局のところラジアルタイヤって具体的にどういいのかしら?

気になるラジアルタイヤのメリットを下にまとめてみました。

ラジアルタイヤのメリット

  • 燃費がいい。
  • 耐摩耗性に優れ、長持ちする。
  • 発熱が少なく、安全。
  • 操縦が安定する。
  • 高速で走る際に乗り心地がいい。

現在、一般的な乗用車にはほとんどこのラジアルタイヤが採用されています。要するにその辺にはラジアルタイヤがあふれてるって訳です。

新一
安心と信頼のラジアルタイヤってことだね。

ここで、わからなかった言葉を理解した上でもう一度インプレッサスポーツのタイヤサイズに目を通してみて、グレードによる違いなどを見比べてみることをおすすめします。

 

インプレッサG4のホイールサイズ

さて、インプレッサスポーツのタイヤについて詳しくなったところで次はインプレッサのホイールサイズを見ていきます。

ホイールサイズについてもタイヤサイズと同様にインプレッサスポーツとG4で違いは無いようです。ですので今回はインプレッサG4のホイールサイズを見ていきます。

では見ていきます。こちらがインプレッサG4のホイールサイズになります。

引用:スバル公式ホームページ

インプレッサG4にはアルミホイールが採用されており、3種類のグレードで1インチづつサイズが違っていますね。()内のホイールに施されている加工も2種類あるようです。

新一
ホイールは大きく分けてアルミ製とスチール製の物があるけどインプレッサG4はアルミ製なんだね。

ホイールの材質はその車の特性を決める重要な物となります。アルミホイールの特徴を以下にまとめました!

メリット

  • 軽いので燃費がよくなる
  • さびにくい
  • 放熱性が高いので熱による事故などを起こしにくい
  • デザインが豊富

デメリット

  • スチールホイールに比べ値段が高い
  • 強度が低い
リン(妻)
アルミホイールの方が高性能って感じね。最近よく見る理由がわかったわ。ところでホイールサイズによく使われてるインチってどのくらいの大きさかしら。

ホイールサイズの単位についてですがインチって普段あまり使わないですよね。1インチは25.4mmと定められているようです。それぞれのホイールサイズをmmに換算するとこちらになります。

  • 16インチ → 406.4mm
  • 17インチ → 431.8mm
  • 18インチ → 457.2mm
リン(妻)
インチからmmに直したことで、とても想像しやすくなったわ。
新一
大きさ、性能はだいたいわかってきたけどブラックハイラスター塗装や切削光輝ってどんな感じ何だろう。想像がつかないんだけど、、、

ここで、それぞれのホイールの外観とどのような塗装が施されているのかを見てみましょう。

1.6i-L EyeSight

引用:スバル公式ホームページ

こちらはブラックハイラスター塗装という塗装が施されています。ハイラスター塗装というのは、表面が金属のように見えるようにする塗装のことです。金属特有の輝きを出すことができます。

リン(妻)
この塗装によってアルミホイールがぴかぴかになるって訳ね。

2.0i-L EyeSight

引用:スバル公式ホームページ

続いてこちらのグレードには切削光輝という加工が施されています。切削光輝というのは、ホイールをつくる際に削った面の光沢を利用して、透明感のあるクリアな塗装をした加工になります。

リン(妻)
確かに、さっきの物とは光方が少し違うわね。こっちのもなかなかいいかも。

2.0i-L EyeSight

引用:スバル公式ホームページ

こちらのグレードについても切削光輝が施されています。デザインは3つのグレードすべてで異なっているようです。

リン(妻)
3種類見てみて、ホイールのひかり方やデザインで印象が変わってくるって思ったわ。

 

スポンサードリンク

インプレッサにおすすめのタイヤ

さて、ここからはインプレッサの性能を格段に上昇させてくれるおすすめタイヤを紹介していきたいと思います。

ダンロップ エナセーブEC204

まずご紹介するのはダンロップの「エナセーブEC204」です。こちらのタイヤはズバリ、「低燃費で長持ち!!お財布に優しいタイヤ」です。

タイヤの耐摩耗性能を高めることによってすり減りにくく長持ちするタイヤを実現しています。

さらに、路面からの衝撃も緩和する性能も持っており、乗り心地も向上するという点も評価できます。

リン(妻)
お財布に優しいなんて、とっても助かるわ。乗り心地もよくなるなんて文句なしのタイヤね。

ブリヂストン REGNO GR-XI

続いて紹介するのは、ブリジストンの「REGNO GR-XI」です。こちらのタイヤの特徴はなんと言っても、静かなことです。

アスファルト、砂利道など様々な路面からのノイズを低減でき、運転時の不快な走行音を少なくしてくれます。

さらに、ULTIMATE EYE技術という細かくシュミレーションされた特殊な技術によって運転の操作性も向上し、コーナリングの際のふらつきなども低減してくれます。

静かな車内で心地よく過ごしたい!安定した運転操作を手に入れたい!という方にはおすすめです。

 

インプレッサのサイズ

最後になりますが、タイヤ、ホイールのサイズについて知ったのでついでにインプレッサ本体のサイズについても少し詳しくなってみましょう。

と、言うわけでインプレッサのサイズをスポーツとG4の2種類を比較しながら見ていきましょう。

インプレッサスポーツのサイズ

インプレッサ SPORT アイスシルバー・メタリック

引用:スバル公式ホームページ

インプレッサスポーツのボディーはワゴンタイプになっていますね。ワゴンというのは車のボディータイプの1つで、車内の後ろ部分と荷室が一体となった形をしており、荷物をたくさんつめると言った特徴があります。

リン(妻)
スポーツって言ってるだけあって、アウトドアみたいにたくさんにもつを積むアクティブな活動に向いてるって感じね。

肝心のサイズですが全長・全幅・全高は以下のようになります。

  • 全長4460mm
  • 全幅1775mm
  • 全高1480mm

全長についてはマツダのアクセラスポーツ(4470mm)などの一般的な中型乗用車と同じくらいのサイズとなっています。

一般的な駐車場の大きさは幅2.5m、長さ5.0mなので、大きさの面では問題ないかと思います。

インプレッサG4のサイズ

インプレッサ G4 アイスシルバー・メタリック

引用:スバル公式ホームページ

インプレッサG4の方は先ほどの物とはまた違ったボディータイプをしていて、こちらはセダンという物になります。セダンというのは車体がエンジン室と人が乗る座席部分と荷室部分の3つの部分に分かれているタイプのことを言います。

セダンの特徴は、やはり室内空間が広いという点です。ワゴンと違い、荷室と室内空間が分けられているため、くつろぐために必要である十分なスペースが確保されています。

そんなセダンタイプのインプレッサG4のサイズがこちらになります。

  • 全長4625mm
  • 全幅1775mm
  • 全高1455mm

先ほど見たインプレッサスポーツと比べると、全長が+165mm、全高が-25mmとなっています。

リン(妻)
全長が長くなって、全高が低くなってるってことは、G4はスポーツに比べて平べったくなった感じね。
新一
長くなった分ちょっと取り回しにくくなるって感じだね。ただ、裏を返すとセダンの特徴である十分な車内スペースはあるってことだね。

車内のスペースや内装などについてもっと詳しく知りたいという方はこちらの記事も是非参考にしてみてください!!インプレッサで車中泊もできちゃう?

インプレッサの内装はどんな感じ?気になる内装色も一緒に調査!

インプレッサの後部座席を使って荷室容量を増やし!車中泊ができる?

 

スポンサードリンク

まとめ

  • インプレッサのタイヤサイズは各グレードごとで異なっており、タイヤの幅や偏平率、リム径の異なった3種類のタイヤサイズがある。
  • インプレッサのホイールには、アルミホイールが採用されており、サイズと塗装の異なる3種類のホイールがある。(グレードにより異なる)
  • インプレッサにおすすめのタイヤは低燃費で長持ちするダンロップの「エナセーブEC204」や、静かな走行音を実現するブリヂストンの「REGNO GR-XI」などである。
  • インプレッサのサイズはスポーツとG4で異なっており、G4はスポーツよりも全長が長く全高は低くなっている。

いかがだったでしょうか。今回紹介したのはインプレッサでしたが、皆さんもお持ちの車の足回りを見直してみてはいかがでしょうか。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です